絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:費用・収益の繰延べについて 練習問題

それでは、費用の繰延べ、収益の繰延べの簿記の仕訳の練習問題をやってみましょう。

以下のそれぞれの取引について、仕訳をしてみてください。
①支払保険料のうち、10,000円を次期に繰延べる。
②受取利息のうち、1,000円を次期に繰延べる。
③支払家賃1,200,000円は、4月1日に1年分を支払ったものである。なお、決算日は12月31日である。
④受取家賃1,200,000円は、4月1日に1年分を受け取ったものである。なお、決算日は12月31日である。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


解答
①(借)前払保険料 10,000 (貸)支払保険料 10,000
②(借)受取利息 1,000 (貸)前受利息 1,000
③(借)前払家賃 300,000 (貸)支払家賃 300,000
④(借)受取家賃 300,000 (貸)前受家賃 300,000


解説

問題文の通りです。
「前払保険料」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ
「支払保険料」が減った⇒「費用」が減った⇒右側へ
となります。


これも問題文の通りです。
「前受利息」が増えた⇒「負債」が増えた⇒右側へ
「受取利息」が減った⇒「収益」が減った⇒左側へ
となります。


4月から12月までの9ヶ月分が当期の費用です。
1年分の家賃として1,200,000円支払っているのですから、月100,000ですね。
ですので、繰延べるのは3ヶ月分の300,000円となります。
「前払家賃」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ
「支払家賃」が減った⇒「費用」が減った⇒右側へ
となります。


③と同じで、繰延べるのは300,000円です。
「前受家賃」が増えた⇒「負債」が増えた⇒右側へ
「受取家賃」が減った⇒「収益」が減った⇒左側へ
となります。


難易度的にはそれほど難しくないかと思いますが、どうでしたか?
費用、収益の繰延べについて分からなかった方は、もう一度下記の記事を読んでおいてください。
日商簿記3級:費用の繰延べについて
日商簿記3級:収益の繰延べについて

次は、「日商簿記3級:費用の見越しについて」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top