絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:売上について

売上とは何ですか?

売上とは、自分が仕入れた商品を売ることです。
これまでの記事でも、「仕入」と同じように、相手側勘定として何度が使いました。
「売上」は「収益」です。
「収益」は、損益計算書での貸方(右側)なので、増えたら右側、減ったら左側に記入します。


売上の仕訳の方法

それでは、「売上」の仕訳をみてみましょう。
売上が絡む仕訳のパターンは主に以下の2パターンです。
①現金で売り上げた。
②掛け(ツケ)で売り上げた。

現金で売り上げたとき

「商品5,000円を売上げ、代金は現金で受け取った。」という取引の仕訳をみてみましょう。
以下のようになります。
(借) 現金 5,000  (貸) 売上 5,000
「現金」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ記入します。
「売上」が増えた⇒「収益」が増えた⇒右側へ記入します。


スポンサーリンク


小切手で売り上げたとき

以前も説明しましたが、小切手で売り上げたときは、「現金」扱いです。
ですので、上の現金で売り上げたときと同じ仕訳になります。
ただし、小切手で支払ったときは「当座預金」扱いでしたね。
覚えておきましょう。

掛け(ツケ)で売り上げたとき

「仕入」を掛けにしたときに使う勘定科目は「買掛金」でしたね。
「売上」を掛けにしたときに使う勘定科目は、この逆で「売掛金」になります。
では、「商品5,000円を売上げ、代金は掛けとした。」という取引の仕訳をみてみましょう。
以下のようになります。
(借) 売掛金 5,000  (貸) 売上 5,000
「売掛金」は、相手に貸してあげたお金ですので、「資産」です。
「売掛金」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ記入します。
「売上」が増えた⇒「収益」が増えた⇒右側へ記入します。


売掛金を回収した場合の仕訳もみてみましょう。
「掛代金5,000円を現金で受け取った。」という取引の仕訳は以下のようになります。
(借) 現金 5,000  (貸) 売掛金 5,000
「売掛金」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ記入します。
「現金」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ記入します。


「仕入」の逆の発想ですね。
しっかり理解しておきましょう。

次は、「日商簿記3級:売上について 練習問題」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top