絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:仕入戻し・仕入値引について

仕入戻し・仕入値引とは何ですか?

仕入れた後、商品に何らかの問題があって返品することを仕入戻しといいます。
また、同じように、返品はしないが、値引をしてもらうことを仕入値引といいます。

仕入戻し・仕入値引の仕訳の方法

仕入戻し、仕入値引が発生した場合の仕訳の方法について説明します。
「仕入戻し」、「仕入値引」という勘定科目が存在するわけではありません。
勘定科目は、「仕入」を使います。
帳簿的には、「仕入を減らす」ようなイメージになります。

仕入戻しの仕訳

例えば、前に掛けで仕入れた商品500円を返品した場合を考えます。
まず、仕入れたときの仕訳は以下のようになりますよね。
(借)仕入 500  (貸)買掛金 500
仕入戻しは、これを取り消すようなイメージです。
逆の仕訳を行います。
(借)買掛金 500  (貸)仕入 500
「買掛金」が減った⇒負債が減った⇒左側へ記入します。
「仕入」が減った⇒費用が減った⇒右側へ記入します。

仕入値引の仕訳

基本的に上記と一緒です。
例えば、前に掛けで仕入れた商品500円に、200円の値引きがあった場合を考えます。
仕入れたときの仕訳は先ほどと同じです。
仕入値引は、以下のようになります。
(借)買掛金 200  (貸)仕入 200
値引分を買掛金、仕入から減らします。
今回の内容は、特に難しくないと思いますが、どうでしょうか。

次は、「日商簿記3級:仕入戻し・仕入値引について 練習問題」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top