絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:仕訳帳について

仕訳帳とは何ですか?

前回ちらっと説明しましたが、仕訳帳とは、主要簿の一つで、取引の仕訳を発生順に記録していく帳簿です。
今まで学んできた仕訳を記録していくノートというイメージです。

仕訳帳への記入方法

それでは、以下の仕訳を仕訳帳へ記入していくという例をみてみましょう。
取引日時 平成22年4月20日
取引相手 商店A
買掛金元帳No.10 仕入元帳No.5
(借)仕入 5,000 (貸)買掛金 5,000

以下のように記入します。
仕訳帳

摘要欄

・勘定科目には括弧をつけます。
・借方の勘定科目は左側へ、貸方の勘定科目は右側へ記入します。
・一つの取引毎に、線を引きます。

元丁欄

総勘定元帳のNoを記入します。
総勘定元帳については、次回説明します。

借方・貸方欄

仕訳の通り、金額を記入します。


スポンサーリンク


さらにその下に、別の取引の仕訳を書いてみましょう。
取引日時 平成22年4月25日
取引相手 商店B
売掛金元帳No.2 売上元帳No.1 現金元帳No.3
(借)現金 1,000   (貸)売上 2,000
   売掛金 1,000

仕訳帳
摘要欄を見ると、取引間は点線ではなく、通常の線になっていますね。
あと、一つの取引に、複数の勘定科目がある場合は、「諸口」と記入します。

次は、「日商簿記3級:総勘定元帳について」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top