絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:帳簿について

帳簿とは何ですか?

「簿記」とは「帳簿記入」という言葉を意味しているといわれています。
仕訳を記入するノート、これが帳簿です。
帳簿とは、「主要簿」「補助簿」があります。
主要簿は、言葉どおり、重要な帳簿です。
貸借対照表、損益計算書の元なる帳簿です。
補助簿は、主要簿の元なる帳簿です。

主要簿

主要簿には、「仕訳帳」と「総勘定元帳」があります。
仕訳帳とは、取引の仕訳を発生順に記録していく帳簿です。
総勘定元帳とは、勘定科目毎に借方貸方をまとめていく帳簿です。

補助簿

補助簿には、「補助記入帳」と「補助元帳」があります。
補助記入帳とは、特定の取引についてその詳細を記録する帳簿です。
補助元帳とは、特定の勘定科目についてその詳細を記録する帳簿です。

補助記入帳、補助元帳には、色々な種類がありますが、今後一つ一つ取り上げて説明していきます。


これからは上記でざっと説明した「主要簿」「補助簿」について学んでいきます。

次は、「日商簿記3級:仕訳帳について」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top