絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:約束手形について 練習問題1

それでは約束手形に関する仕訳の問題をやってみましょう。
次の一連の取引を仕訳してみてください。
①A商店に対する買掛金100,000円を支払うために、約束手形を振り出した。
②①で振り出した約束手形が満期日を迎えた為、当座預金口座から決済された。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


解答
①(借) 買掛金 100,000 (貸) 支払手形 100,000
②(借) 支払手形 100,000 (貸) 当座預金 100,000


解説

問題文を読んで、振り出した側なのか、受け取った側なのかを読み取る事が大切です。
手形を振り出した側なので、勘定科目は、「支払手形」を使います。
「買掛金」が減った⇒「負債」が減った⇒左側へ
「支払手形」が増えた⇒「負債」が増えた⇒右側へ
となります。


①で振り出したのは「支払手形」ですね。
「支払手形」が減った⇒「負債」が減った⇒左側へ
「当座預金」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
となります。


今回は、約束手形を振り出した側から見た仕訳でした。
わかりましたか?
もしわからなかったら、もう一度以下の記事を読んでください。
日商簿記3級:約束手形について
もう1問やってみましょう。

次は、「日商簿記3級:約束手形について 練習問題2」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top