絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:立替金・預り金について 練習問題

それでは、立替金、預り金に関する簿記の仕訳の練習問題をやってみましょう。

次の一連の取引を仕訳してみてください。
①社員に給料の前払いとして、10,000円を現金で支払った。
②給料日の為、給料100,000円を、社員に、源泉徴収税額5,000と、前払い分を差し引き、残額を現金で支払った。
③預っていた源泉徴収税額を現金で納付した。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


解答
①(借) 立替金 10,000 (貸) 現金 10,000
②(借) 給料 100,000 (貸) 預り金  5,000
                   立替金 10,000
                   現金   85,000
③(借) 預り金 5000 (貸) 現金 5,000


解説

給料の前払いは、「立替金」で処理するんでしたね。
「立替金」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ
「現金」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
となります。


「給料」としては100,000円ですが、この時点で現金として支払うのは、税額と前払い分を差っぴいた残額の85,000円です。
また、社員の税金は「預り金」として処理するんでしたね。
「給料」が増えた⇒「費用」が増えた⇒左側へ
「立替金」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
「預り金」が増えた⇒「負債」が増えた⇒右側へ
「現金」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
となります。


「預り金」が減った⇒「負債」が減った⇒左側へ
「現金」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
となります。


どうでしたか?
わからなかった場合は、以下の記事をもう一度読んでみてください。
日商簿記3級:立替金・預り金について

次は、「日商簿記3級:商品券について」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top