絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:他店商品券について

他店商品券とは何ですか?

他店商品券とは、皆さんが普段使用されている商品券こそが、他店商品券です。
つまり、自分以外の人、店が発行した商品券です。
前回学習した商品券は、自分が発行した商品券の事ですので、おそらく皆さんがお店をやられてて、商品券を発行する側である方は少ない?ですよね。
今回の「他店商品券」の方が、とっつきやすいと思います。

他店商品券の仕訳の方法

「他店商品券」は、皆さんのイメージ通り、お金と同じです。
後で商品を買う事ができます。
ですので、「資産」です。
「他店」と付かない商品券は、「負債」ですので気をつけてください。

「他店商品券」が絡む仕訳のパターンは、以下が主になります。
①他店の商品券を手に入れた。
②他店の商品券を精算した。


スポンサーリンク


他店の商品券を手に入れたとき

「商品10,000円を売上げ、代金は他店発行の商品券で受け取った。」という仕訳は以下のようになります。

(借) 他店商品券 10,000 (貸) 売上 10,000

「他店商品券」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ記入します。
「売上」が増えた⇒「収益」が増えた⇒右側へ記入します。

他店の商品券を精算したとき

「他店発行の商品券10,000円を精算し、現金を受け取った。」という仕訳は以下のようになります。

(借) 現金 10,000 (貸) 他店商品券 10,000

「現金」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ記入します。
「他店商品券」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ記入します。


前回の「商品券」よりは、実際のイメージに近い仕訳ではないでしょうか。
商品券が出てくる問題では、自分か、それとも他店が発行したのか、よく問題文を読みましょう。

次は、「日商簿記3級:商品券・他店商品券について 練習問題」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top