絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:試算表について 練習問題2

それでは、もう1問、試算表に関する問題をやってみましょう。
今度は、本格的?な金額でやってみましょう。
以下の合計試算表があらかじめ与えられていたとします。
試算表

この表を作成後、以下の取引が発生しました。
①商店Aに10,000円を売り上げ、代金は掛けとした。
②商店Aから、売掛金3,000円を、商店A振出の約束手形で受け取った。
③商店Bに対する買掛金20,000を、商店B宛の約束手形を振り出して支払った。
④商店Cから、商品8,000円を仕入れ、代金は掛けとした。
⑤商店Cへの買掛金5,000円を、小切手を振り出して支払った。
⑥商店Dへ振り出していた約束手形10,000円が満期を迎えたため、現金で支払った。

①から⑥の取引を反映させた状態の合計残高試算表を作成してください。
試算表


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


解答
試算表


解説
まずは①から⑥を仕訳してみます。
①(借)売掛金 10,000  (貸)売上 10,000
②(借)受取手形 3,000 (貸)売掛金 3,000
③(借)買掛金 20,000  (貸)支払手形 20,000
④(借)仕入 8,000    (貸)買掛金 8,000
⑤(借)買掛金 5,000   (貸)当座預金 5,000
⑥(借)支払手形 10,000 (貸)現金 10,000

次は、Tフォームへ落とすという事をした方が丁寧ですが、既に合計試算表が提示されているので、それを元に、上記の仕訳の結果を一つ一つ足し込んでいく方が手っ取り早いかもしれません。

まずは、借方合計、貸方合計を記入し、計算して借方と貸方が一致するのを確認した後、残高へ記入しましょう。
そして残高も、借方と貸方の合計額が一致すればOKです。


結局は一つ一つの仕訳が大事なんですよね。
仕訳は基本なので、ばっちり理解しておいてください。

もし試算表の書き方がわからなかった方は、もう一度下記の記事を読んでおいてください。
日商簿記3級:試算表について

次は、「日商簿記3級:決算について」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top