絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:未収金と未払金について 練習問題

それでは、未収金と未払金が関係する簿記の仕訳の練習問題をやってみましょう。

次の取引を仕訳してみてください。
①備品30,000円を購入し、代金は月末に支払う事とした。
②①の未払いとしていた金額を、現金にて支払った。
③備品30,000円を20,000円にて売却し、代金は月末に受け取る事とした。
④③の未収であった金額を、現金にて受け取った。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


解答
①(借) 備品 30,000 (貸) 未払金 30,000
②(借) 未払金 30,000 (貸) 現金 30,000
③(借) 未収金 20,000        (貸) 備品 30,000
     固定資産売却損 10,000
④(借) 現金 20,000 (貸) 未収金 20,000


解説

「備品」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ
「未払金」が増えた⇒「負債」が増えた⇒右側へ
となります。


「未払金」が減った⇒「負債」が減った⇒左側へ
「現金」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
となります。


固定資産売却損、固定資産売却益を覚えていますか?
覚えていたら問題なく解けると思います。
備品購入時の金額よりも10,000円安く売っていますので、損していますね。
「備品」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
「未収金」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ
「固定資産売却損」が増えた⇒「費用」が増えた⇒左側へ
となります。


「未収金」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
「現金」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ
となります。


難易度はそれほど高くないかと思いますが、いかがでしたか?
もしわからなかった場合は、もう一度下記の記事を読んでみてください。
日商簿記3級:未収金と未払金について

次は、「日商簿記3級:仮払金・仮受金について」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top