絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:固定資産について 練習問題

それでは、固定資産に関する簿記の仕訳の練習問題をやってみましょう。

次の取引を仕訳してみてください。
①業務用のトラックを500,000円で購入し、代金は現金で支払った。
②200,000円で購入したコンピュータを、210,000円で売却し、代金は小切手で受け取った。
③倉庫を1,000,000円で購入し、手数料50,000円とともに、小切手を振り出して支払った。
④③で購入した倉庫を、1,010,000円で売却し、代金は現金で受け取った。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


解答
①(借) 車両運搬具 500,000 (貸) 現金 500,000
②(借) 現金 210,000 (貸) 備品 200,000
                   固定資産売却益 10,000
③(借) 建物 1,050,000 (貸) 当座預金 1,050,000
④(貸) 現金 1,010,000 (貸) 建物 1,050,000
     固定資産売却損 40,000


解説

トラックや車は、勘定科目に「車両運搬具」を使います
「車両運搬具」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ
「現金」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
となります。


小切手を受け取った場合は、勘定科目は現金で処理するんでしたね。覚えてますか?
また、今回は購入時の金額より、売却したときの金額の方が高いので、得しています。
ですので、差分は勘定科目「固定資産売却益」で処理します。
(今回のように、買ったコンピュータを以前より高く売る、という事はないかもしれませんが、適当に考えた問題文なんで、ご容赦ください。)
「現金」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ
「備品」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
「固定資産売却益」が増えた⇒「収益」が増えた⇒右側へ
となります。


固定資産購入時の手数料などの費用は、勘定科目の「固定資産」に含めるんでしたね。
「建物」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ
「当座預金」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
となります。


③が解ければ難しくありません。
手数料を含めれば、結局購入時の値段より安く売却していますね。
微々たる引っ掛け問題です・・・。
損している場合は、勘定科目は「固定資産売却益」で処理します。
「建物」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
「現金」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ
「固定資産売却損」が増えた⇒「費用」が増えた⇒左側へ
となります。


簿記の仕訳の今回の問題も、それほど難しくはないと思います。
どうでしたか?
わからなかった場合は、もう一度下記の記事を読んでみてください。
日商簿記3級・固定資産について

次は、「日商簿記3級:未収金と未払金について」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 2番目の答えは

    (借)現金210,000 (貸)備品200,000
             (貸)固定資産売却益10,000

    じゃだめですか?

  2. ご指摘の通りです。
    修正させて頂きました。
    度々コメント有難うございます。

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top