絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:仕訳の基本 練習問題2

それでは、仕訳の基本的な問題を出題してみます。
次の仕訳をしてみてください。
①備品20,000円を現金で購入した。
②商品50,000円を現金で仕入れた。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


解答
①(借) 備品 20,000 (貸) 現金 20,000
②(借) 仕入 50,000 (貸) 現金 50,000

解説
①備品は「資産」、現金も「資産」です。
「資産」は貸借対照表の左側ですので、増えたら左側、減ったら右側ですね。
備品は増えた⇒左側
現金は減った⇒右側
となります。

②仕入は「費用」、現金は「資産」です。
「仕入」は損益計算書の左側ですので、増えたら左側、減ったら右側です。
仕入は増えた⇒左側
現金は減った⇒右側
となります。

どうでしたか?
もし解けなかったら、以前の記事をもう一度読んでください。
日商簿記3級:仕訳について

次は、「日商簿記3級:仕訳の転記について」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top