絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:収益の見越しについて

収益の見越しとは何ですか?

前回学習した「日商簿記3級:費用の見越しについて」の逆版です。
例えば、11月1日にお金を貸し、その利息については、1年後に1年分受け取るという事になっているとします。
12月31日時点では、まだ利息を実際には受け取っていませんが、確かに2か月分の利息が発生していると考えられますよね。
この、まだ受け取っていないけど、本当は当期の収益としなければならないものをちゃんと計算しておく必要があります。
これを、収益の見越しといいます。

収益の見越しの仕訳の方法

見越した収益は、「未収収益」「未収家賃」「未収利息」等の勘定科目を使います。
これらは、貸しているお金のようなものなので、「資産」となります。
実際の問題を解く場合は、問題文をよく読んで何を使うか決めましょう。

収益の見越しが関係する仕訳は、決算時の仕訳が主となります。
なお、収益が発生する取引を行った時点では、実際にお金を受け取っていないので、仕訳としてはありません。

決算のとき

「11月1日に100,000円を貸し付けた。なお、利息は1年後にまとめて受け取る事としており、利息は月200円である。」という場合の決算時の仕訳は、以下のようになります。
ちなみに決算日は12月31日とします。

(借)未収利息 400 (貸)受取利息 400

2ヶ月分が当期の利息なので、400円となります。
「未収利息」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ記入します。
「受取利息」が増えた⇒「収益」が増えた⇒右側へ記入します。


前回の費用の見越しと同じ考え方です。
それほど難しくないと思いますが、どうですか?

次は、「日商簿記3級:費用・収益の見越しについて 練習問題」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top