絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:帳簿の締め切りについて 練習問題

それでは、帳簿の締め切りに関する練習問題をやってみましょう。

次の一連の処理の仕訳を行ってください。
①以下の勘定科目の残高を損益勘定に振り替える。
売上 20,000
仕入 15,000
受取利息 500
支払利息 200

②①の損益勘定の残高を資本金勘定に振り替える。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


解答

(借)売上   20,000 (貸)損益  20,500
   受取利息  500
   損益    15,200   仕入  15,000
                  支払利息 200

②(借)損益 5,300 (貸)資本金 5,300


解説

損益振替の問題です。
収益の残高は「損益」の借方勘定へ、費用の残高は「損益」の貸方勘定へ振り替えるだけです。
問題で与えられた勘定科目の中で、
「売上」「受取利息」は収益、「仕入」「支払利息」は費用ですね。
ですので、
「売上」「受取利息」を借方に書き、貸方にはそれと同額の「損益」を記入します。
「仕入」「支払利息」を貸方に書き、借方にはそれと同額の「損益」を記入します。


資本振替の問題です。
①より、損益は、貸方の方が5,300円多いですね。
これを「資本金」に振り替えるだけです。


帳簿の締め切りに関してよくわからなかった方は、もう一度下記の記事を読んでください。
日商簿記3級:帳簿の締め切りについて

今回の記事で、日商簿記3級の試験範囲の基本的な説明と、簡単な練習問題は最後になります。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top