絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:有価証券の評価替えについて 練習問題

それでは、有価証券の評価替えに関する簿記の仕訳の練習問題をやってみましょう。

次の決算時の仕訳を行ってみてください。
①決算において、売買目的有価証券10,000円を9,000円に評価替えした。
②決算において、売買目的有価証券10,000円を12,000円に評価替えした。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


解答
①(借)有価証券評価損 1,000 (貸)売買目的有価証券 1,000
②(借)売買目的有価証券 2,000 (貸)有価証券評価益 2,000


解説

問題文から、損をしたという事がわかると思います。
差額は1,000円です。
「有価証券評価損」が増えた⇒「費用」が増えた⇒左側へ
「売買目的有価証券」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
となります。


問題文から、得をしたという事がわかると思います。
差額は2,000円です。
「有価証券評価益」が増えた⇒「収益」が増えた⇒右側へ
「売買目的有価証券」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ
となります。


問題文から、得をしたのか損をしたのかを読み取る事ができれば、あとは覚えておけば難しい問題ではありません。
有価証券の評価替えに関して、よくわからかった場合は、もう一度以下の記事を読んでください。
日商簿記3級:有価証券の評価替えについて

次は、「日商簿記3級:固定資産の減価償却について1」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top