絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:消耗品について 練習問題

それでは、消耗品に関する簿記の仕訳の練習問題をやってみましょう。

次の一連の取引を仕訳してみてください。
①消耗品10,000円を現金で購入した。
②決算時における消耗品の未使用高は、2,000円であった。

なお、以下の2パターンの方法で仕訳をしてみてください。
A.購入時に「資産」とする。
B.購入時に「費用」とする。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


解答
①-A (借)消耗品 10,000 (貸)現金 10,000
①-B (借)消耗品費 10,000 (貸)現金 10,000
②-A (借)消耗品費 8,000 (貸)消耗品 8,000
②-B (借)消耗品 2,000 (貸)消耗品費 2,000


解説
①-A
購入時に資産とするので、このときは資産が増えます。
「消耗品」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ
「現金」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
となります。

①-B
購入時に費用とするので、このときは費用が増えます。
「消耗品費」が増えた⇒「費用」が増えた⇒左側へ
「現金」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
となります。

②-A
購入時に資産としていたので、使った分は決算時に費用とします。
残っているのが2,000円なので、使った分は8,000円ですね。
「消耗品費」が増えた⇒「費用」が増えた⇒左側へ
「消耗品」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
となります。

②-B
購入時に費用としていたので、使っていない分を決算時に資産とします。
残っているのは2,000円ですね。
「消耗品費」が減った⇒「費用」が減った⇒右側へ
「消耗品」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ
となります。


難しくはないと思いますが、問題文から、どちらのパターンかを読み取る事が重要です。
消耗品に関してわからなかった場合は、もう一度下記の記事を読んでください。
日商簿記3級:消耗品について

次は、「日商簿記3級:有価証券の評価替えについて」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top