絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:現金過不足の決算整理について 練習問題

それでは、現金過不足の決算整理についての練習問題をやってみましょう。

次の決算整理の仕訳を行ってみてください。
①決算において、現金過不足の借方に500円ある。原因が分からないため、雑益もしくは雑損に振り分ける事とした。
②決算において、現金過不足の貸方に500円ある。原因が分からないため、雑益もしくは雑損に振り分ける事とした。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


解答
①(借)雑損 500 (貸)現金過不足 500
②(借)現金過不足 500 (貸)雑益 500


解説

現金過不足が借方に残っている、という事で、貸方に現金過不足を記入して帳尻を合せるというわけです。
という事は、相手側勘定は、借方になりますね。
「費用」「収益」の内、借方は「費用」となりますので、「雑損」を使います。


現金過不足が貸方に残っている、という事で、借方に現金過不足を記入して帳尻を合せるというわけです。
という事は、相手側勘定は、貸方になりますね。
「費用」「収益」の内、貸方は「収益」となりますので、「雑益」を使います。


現金過不足の決算整理について、よくわからなかった方はもう一度下記の記事を読んでください。
日商簿記3級:現金過不足の決算整理について

次は、「日商簿記3級:貸倒引当金について1」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top