絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:仮払金・仮受金について 練習問題

それでは、仮払金、仮受金の簿記の仕訳の練習問題をやってみましょう。

次の取引を仕訳してみてください。
①社員の出張に際し、旅費の概算費用として20,000円を現金で渡した。
②①の出張後、旅費を精算し、残額2,000円を現金で受け取った。
③出張中の社員から、現金30,000円の送金があった。しかし、内容は不明である。
④③の30,000円は、売掛金の回収額である事がわかった。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


解答
①(借) 仮払金 20,000 (貸) 現金 20,000
②(借) 旅費交通費 18,000 (貸) 仮払金 20,000
     現金     2,000
③(借) 現金 30,000 (貸) 仮受金 30,000
④(借) 仮受金 30,000 (貸) 売掛金 30,000


解説

「仮払金」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ
「現金」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
となります。


「旅費交通費」が増えた⇒「費用」が増えた⇒左側へ
「現金」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ
「仮払金」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
となります。


「現金」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ
「仮受金」が増えた⇒「負債」が増えた⇒右側へ
となります。


「仮受金」が減った⇒「負債」が減った⇒左側へ
「売掛金」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ
となります。


仕訳は、必ず右側と左側が一致します。
必ず、この基本原則を抑えておいてください。

もしわからなかった場合は、以下の記事をもう一度読んでおいてください。
日商簿記3級:仮払金・仮受金について

次は、「日商簿記3級:立替金・預り金について」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top