絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:現金について

「現金」とは何ですか?

すみません。小学生でもわかる質問かと思われますね。(笑)
もちろん、現金とはお金の事です。
簿記では、「現金」は貸借対照表の借方(左側)へ記入する資産と扱います。
また、簿記でいう「現金」は、本物の現金ではなく、すぐに換金ができる小切手も、現金として扱います。


現金の仕訳

現金は、先程も説明しましたが、「資産」です。
増えたら借方(左側)、減ったら貸方(右側)へ記入します。
具体例をみてみましょう。


・商品1,000円を、現金で売り上げた。
現金1,000円が増えましたので、下記のようになります。
(借) 現金 1,000 (貸) 売上 1,000


・商品1,000円を、現金で仕入れた。
現金1,000円が減りましたので、下記のようになります。
(借) 仕入 1,000 (貸) 現金 1,000


スポンサーリンク


小切手を受け取った場合も現金扱い!

小切手のように、すぐに換金ができるものも現金として扱います。
これは試験でも度々遭遇しますので、覚えておいて下さい。
具体例をみてみましょう。


・商品500円を売上げ、代金は小切手で受け取った。
(借) 現金 500 (貸) 売上 500


小切手だけでありませんので、注意してください。
以下のようなものがあります。
・送金小切手
・郵便為替証書
・配当金領収証
例えば、、
持っている株の配当金領収証500円を受け取った。
という場合は、以下になります。
(借) 現金 500 (貸) 受取配当金 500


とりあえず、小切手をもらったら、現金だ!という事は絶対覚えておいてください。
それ以外のものは、問題を解いていくうちに少しずつ覚えていきましょう。
結構、引っ掛け問題も出てきますので、注意してください。

次は、「日商簿記3級:現金について 練習問題」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top