絶対合格!日商簿記3級

日商簿記3級:伝票について 練習問題2

それでは、伝票に関する練習問題をやってみましょう。
前回は伝票を元に仕訳を行うという問題でしたが、今度は逆です。

次の取引に関して、下の入金伝票が起票されています。
「商店Aに、商品20,000円を売り上げ、代金のうち、5,000円は現金で受け取り、残額を掛けとした。」
入金伝票
伝票

このとき、以下の振替伝票を埋めてください。
伝票


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


解答
伝票


解説
問題文の取引を単純に仕訳を行うと、以下になります。
(借)現金   5,000   (貸)売上 20,000
   売掛金 15,000

問題で提示されている入金伝票を見ると、相手側勘定が「売掛金」になっていますね。
売掛金5,000円が現金になった、という事です。

どうすれば辻褄が合うか考えましょう。
とりあえず、売上の20,000円が振替伝票の貸方に入ってくるのはわかりますか?
ここに入れないと、「売上」の行き場がありませんよね。
となると、相手の20,000円の勘定科目は何がくれば辻褄があうか?というと、
「売掛金」ですね。
そして、その売掛金のうち、5,000円が入金されたとして、入金伝票があるのだと考える事ができれば、簡単です。


これも、売上伝票が無いので、3伝票制です。
伝票の3伝票について理解できなかった方は、もう一度下記の記事を読んでください。
日商簿記3級:伝票について(3伝票制)

次は、「日商簿記3級:伝票について 練習問題3」です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top